ホンモノ志向の根っからの神戸人が集まる街 神戸元町1番街
イベント案内
イベント案内 最新記事
2011年08月19日

2011年8月水曜市レポート

元町一番街の風物詩となってきた、毎月第三水曜日に開催される水曜市が、8月17日(水)に開催されました。7月の水曜市は台風の影響で残念ながら中止になってしまいましたので、今回は先月分を取り返すようかな賑わいでした。

水曜市の目的は地産地消

 毎月第三水曜日は兵庫県下の農家の方々が、元町一番街に特設販売ブースを設けて、産地直送の野菜を販売するのが今日では名物となっている水曜市です。水曜市地産地消(ちさんちしょう)を目的に開催されています。
 地産地消(ちさんちしょう)とは、地域生産地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語で、地域で生産された様々な生産物や資源(主に農産物や水産物)をその地域で消費することです。現在では食育など、食べ物に関する関心が非常に高まっています。水曜市は兵庫県下で収穫される農作物を、丹精こめて造られた農家の方をお招きして直接消費者の方へ販売して頂く企画です。消費者の方は、安心・安全で新鮮な農作物を農家の方の顔を確認して購入して頂けるのが最大の魅力です。




18件の農家の方々にご参加頂きました。

 今回はお盆休み明け直後に水曜市を開催致しました。18件の農家の方々にお越しして頂いて自慢の一品を販売して頂きました。お盆があけても猛暑が続きまだまだ残暑も残るでしょう。しっかり野菜を食べて暑さを乗り越えたいところです。

 今回非常に盛況だったのが、美方郡新温泉町からお越し頂いたたにぐちのアイガモ米です。合鴨農法とはご存知でしょうか?合鴨農法とは実際の水田に合鴨を放します。合鴨は雑草や害虫を食べてくれるので、農薬を使わずに無農薬の白米を作ることが出来ます。しかし、合鴨も動物ですので、人間の思い通りには動いてくれません。合鴨が稲を踏んづけてしまうことで収穫量が安定しないなど難しいところも多いようです。

 今回は神戸市北区よりVege Merryさんにもお越し頂きました。お薦め商品であり、皆の関心を惹きつけたのがこちら。野菜のジャムです。通常ジャムはフルーツをベースに作られるのですが、野菜ベースのジャムとは一体どんな味がするのか非常に楽しみな一品です。




笑顔が生まれる元町一番街を目指して




インターネットでのお買い物ではなく、商店街の魅力は何と言っても実際の店舗で直接商品に触れて、お店の店主さんとのやり取りを楽しむのも醍醐味です。水曜市も例外ではなく、農家の方々が丹精込めて作った農作物を手にして作物の鮮度を直接確かめることができますし、農家の方々から直接お話をお伺いすることもできます。取材中にもお客様と農家の方が楽しくやりとりしているところを撮影させて頂きました。楽しくお買い物できて笑顔が生まれる街を目指して今後も様々な取り組みを行って参ります。

次回の水曜市は9月21日(水)の11時~となっております。是非その素晴らしさに触れてみてください。



同じカテゴリー(水曜市)の記事画像
5月17日水曜市!
4月19日水曜市
3月15日水曜市
2月15日水曜市!
今年最後の水曜市!!
10/19 水曜市!!
同じカテゴリー(水曜市)の記事
 5月17日水曜市! (2017-05-17 12:06)
 4月19日水曜市 (2017-04-19 11:24)
 3月15日水曜市 (2017-03-15 16:17)
 2月15日水曜市! (2017-02-15 12:08)
 今年最後の水曜市!! (2016-11-16 11:48)
 10/19 水曜市!! (2016-10-19 12:47)

Posted by 元町1番街 イベント情報 at 14:10 水曜市コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
ページトップへ